今日は飯塚の日。朝起きてすぐに道路交通情報を見たら、八木山バイパスは通行止めだった。こりゃ今日は休みだなと思ったが、朝食後に再度チェックすると解除されていた。ということは雪も大したことないのかなと思っていつも通り出発。

篠栗から八木山バイパスまでは全く問題なかった。ところがバイパスの筑穂インターで下りたところの風景は完全な雪国だった。道路は完全にアイスバーン。最悪のシナリオだ。休めばよかったと後悔しても始まらない。ギアをマニュアルモードの2に落として、ゆっくりと坂を下った。前に2台ほどいたが距離を保ってゆっくりと下りていった。途中、側溝に落ちた車や、動けず立ち往生してる反対車線の車などを横目になんとか平地まで下りた。
平地は雪が溶けかけていたが、それもまた走りにくい。止まったら次に動けなくなるだろうと思っていた矢先、わずかな登りのところで信号が赤になった。そして青になった時、予想通りの空回り。いくらアクセルを踏んでも1㎜も前に行かない。後続の車が数台続いている。まさに最悪の事態。
ワシの車の立ち往生を察して、後ろの車はどんどん追い越して行った。一人残されたワシは途方に暮れていたが、そこに通りがかりの近所の人が3人来てくれて、後ろを押してくれた。なんとありがたい!おかげで脱出できたので下りて御礼を言いたいが、止まるとまた動けなくなりそうなのでそれはできない。せめてもの御礼に窓を開けて手を振りながら静かにその場を離れた。ルームミラーに見送る3人の姿が見えた。なんて優しい人たちだ。何かの形で御礼ができないもんだろうか。もちろん名前も何も知らない。あの3人の方に神の恵みがありますように!

なんとか無事に「太田自動車板金」さんと「三開発」さんを終えて、次の目的地の杷木へ。冷水トンネルを過ぎたら、今までの雪がなんだったのかと思うほど全く雪がなかった。やはり飯塚は雪国だ。なめてはいけない。

夜はワンパンで「キャベツとツナのパスタ」を作った。食べながら今日の苦労を姫に語った。終わってしまえば笑い話。

「雪道」

雪道や 寒さと親切 身に染みる

カテゴリー: えしぇ日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です