今日も快晴なので、久しぶりにロングランをしようと計画した。膝の調子もみたいので30㎞以上走ろうということで、大濠公園経由で福岡マラソンのコースに沿って糸島方面へ。途中までは身体の調子もよく快適なランだった。

今宿駅を過ぎて少し走ったところだった。障害物もない平坦なアスファルトの歩道でいきなり転んだ。最初は状況が把握できなかった。何も転ぶ要素のないところで、体力もまだ残ってる状態でなぜ?膝を見ると破れたタイツの部分がひどい裂傷。頭からも出血。こりゃ救急車かなと思ったが、とりあえずすぐ近くにあったドラッグストアでカットバンを買って、トイレを借りて傷口を洗って応急処置。救急車を呼ぶほどではないなと思ったので電車で帰った。

自宅のシャワーで傷口を洗ったが、風呂場はまるで殺人現場。近所の病院がどこも開いてないのでとりあえず大きなカットバンとサポーターをしてあとは安静。

夜はワシは「鯖缶の卵とじ」。こんな状態でも通常通り酒盛りはする。

全くえらい目にあった。転んだ理由がわからないのでまた繰り返すかもしれない。今後は膝のサポーターはいつもしておいた方がいいかな。

「サポーター」

サポーター 転ぶ男の 必需品

カテゴリー: えしぇ日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です